保険の選び方

保険の選び方

入ると得られる沢山のメリット

海外保険が必要な理由

渡航先で病気やケガを負った時に、日本の健康保険は適用されないため多額の医療費がかかってしまいます。また、スリや犯罪が多い場所だと窃盗の被害に遭う可能性もあるでしょう。そうした場面で活躍するのが海外保険なのです。

備えておきたい補償

怪我や病気になった時

海外旅行中や留学、長期出張による事故やケガで障害が残った場合、あるいはその事故で命を落とした際に支払われるのが障害死亡保険と傷害・後遺障害保険です。当時契約した上限額が手元に入るので今後の治療費にあてることができます。

家族に適用される救援費用

海外保険の中には、加入者が事故や病気で死亡、または数日間入院した場合に家族が渡航する費用を保険で補うことができます。一定期間入院している間も一時金の支払いがあるので費用面でも安心です。

賠償責任の補償も大切

他人の物を壊してしまった場合やケガをさせた時に賠償責任が問われますが、この場合も海外保険の補償で解決できます。こちらも、保障金額の上限分を支払うので負担が少し減ります。

盗難や窃盗に備えたい補償

渡航先で衣類やカメラを盗まれたり破損されたりした場合、加入してないと修理や新たに購入する資金を自分で支払わなければならず大変です。携行品損害で補償すれば、全額払う必要はありません。

その他の補償にも注目しよう

預けた荷物が決まった時間に来ないことがあるので、今必要なものは航空機寄託手荷物補償を使って購入できます。飛行機が延滞した場合も、ホテルまでの移動や食事、宿泊費を航空延滞補償で支払えば負担もないでしょう。

シーンで選べるコース

旅行

海外旅行向けの長期タイプ

こちらのタイプは、観光だけではなく留学やワーホリでも使える万能型海外保険です。長期型なので、2~3か月から最長で1~2年まで補償が受けられ、多くの人が加入しています。

ワーホリと留学なら兼用タイプの保険

期間はおよそ3か月から5年と非常に長く、留学にもってこいの海外保険です。ケガや病気、損害賠償補償などに加え、歯科治療補償が新たにプランへ追加されました。どの商品も必要な補償が付いているので安心です。

長期出張なら最長5年の海外保険がいい

海外留学と同じように、長期出張型の海外保険も5年と非常に長い契約期間となっています。個人契約ができるものから、駐在をする人が入れる保険まで多数あります。最近はテロも多いので、一時帰国補償が受けられるものが選ばれています。